2010年07月25日

クロシジミ(2010-7-24 大津市)

毎日暑いですね。すでに夏バテになっています。
この暑さの中でも夏休みの子供たちは毎日バスケ、サッカーとよくも体力が続くものです。

さて昨日、大津市南西部に行ってきました。目的は写真のシジミチョウ、クロシジミです。
クロシジミは、キマダラルリツバメと同じように幼虫がアリに養われて成長する生態で知られています。

山際を探して歩いたのですがなかなか見つけることができません。やっと高い梢の上を飛ぶ個体を発見。
近くを探索するとアブラムシのついたお茶の木で休む雌を見つけました。

翅裏は地味ながら、なかなか味わい深い色合いをしています。触角が他のシジミチョウに比べてすごく長いのが印象的でした。
このお茶の木で4個体を観察できましたが、昼近くなって気温が高くなったからか10分ほどの間に全ての個体が高く舞い上がって、観察終了となりました。

S20100724_101717


S20100724_101622


S20100724_101514

posted by makokuni at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ミヤマアカネ(2010-7-10 米原市)

大雨が続きましたが、やっと今日梅雨明けが発表されました。
私の故郷、広島県庄原市では豪雨で災害が起こっています。一日も早い復旧を祈っています。

さて、写真は先日観察したミヤマアカネです。赤トンボの仲間なのですが、生息地が限られて個体数が少ないためかあまり観察する機会がありません。
この場所ではほぼ確実に観察できます。写真では判りにくいですが、羽の小班が独特の蛍光色をしています。

この個体は♂ですが、まだ成熟していないので赤くなっていません。秋には赤くなるのですが、そのころはタカの渡りで山に通っているので、ここ何年も赤いミヤマアカネに出会うことがありません。
この日は暑かったので、腹部を上げた独特のポーズをしています。

S20100710_130033

posted by makokuni at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

フサヒメホウキタケ(2010-7-10 高島市)

土曜日、久しぶりに湖西北部・高島市の山に行ってきました。
雨は降らない予報だったので山にしたのですが、中腹から上はずっとガスがかかっていました。

かすんだ谷間から、キョロロロロロ・・・・・と鳴き声が聞こえてきました。アカショウビンです。近くで鳴いているのですが視界が悪くて見つかりませんでした。
キビタキやクロツグミの囀りも楽しめました。アカゲラの巣立ち雛がうろうろしているのも観察できました。

野鳥は楽しめたのですが、他に観察を期待していた生き物は全然だめでした。

林内にはたくさんのキノコが生えていました。梅雨時は秋と同じくキノコの季節でもありますね。
写真は松の倒木に生えていたホウキタケの仲間、フサヒメホウキタケだと思います。ホウキタケだったら採って美味しくいただくのですが、これはパスしました。

S20100710_065548

posted by makokuni at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ハッチョウトンボ(2010-6-17 米原市)

今年も前半が終了し、7月になりました。行きたいところもあるのですが、昨日は終日雨、今日は家庭の事情で留守番です。
自宅のコブシの木で営巣していたメジロも無事に巣立ち、少し寂しくなりました。

さて、6月に米原の湿原で観察したハッチョウトンボの写真を紹介します。ここ数年、何回も訪れている湿地ですが、毎回新しい発見があります。
ハッチョウトンボは日本で観察されるトンボでは最小のトンボです。

S20100617_122934t2
今回はハッチョウトンボの交尾を撮影したいと思っていました。現地に到着すると交尾中のペアをいきなり発見。まだカメラを出していません。慌ててカメラを準備してレンズを向けたとたん、交尾をやめてしまいました。残念・・・。

S20100617_124808
成熟した♂は全身真っ赤かになっています。

S20100617_124201
こちらは♀です。腹部の縞模様が印象的です。

S20100617_132035
この日は梅雨の中休みで、非常に暑い一日でした。いつもは湿地の水面に近い草に止まっているのに、この日は湿地脇に生えた灌木の先に独特のポーズで止まっていました。
このポーズは、腹部を上げることで太陽に対する面積を下げて暑さをしのぐため、と図鑑などでは説明されています。

S20100617_125028
広角で湿地の雰囲気を入れて撮影してみました。木道に寝っ転がってやっとこの大きさです。本当に小さいトンボです。

posted by makokuni at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする