2009年08月30日

夏のイグチ祭り ('09-8-8 京都市深泥ヶ池)

今週末は田圃でジシギ探しをしたかったのですが、家庭と会社からのプレッシャーに負けて結局どこにも行きませんでした(あ、選挙は行きましたね)。

今日は8月8日に行った深泥ヶ池で観察したキノコ(イグチの仲間)を紹介します。
キノコは秋のイメージが強いですが、梅雨時期から夏にかけてもかなり発生します。
それにしてもこの日の深泥ヶ池は予想外にキノコが多く、特に大型のイグチの仲間がたくさん生えていてビックリしました。あたりにキノコが発する臭いが充満していました。

S20090808_104025
コウジタケ?


S20090808_115323
キイロイグチ?


S20090808_104741
アカヤマドリ?

posted by makokuni at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ミルンヤンマ

夏のキャンプ(大鬼谷)では夕暮れになると上空を多数のヤンマが飛び交うのが観察できます。
暗いのと近くで見ることができないので何のトンボか判らなかったのですが、今回やっと近くで観察できました。

キャンプ場を流れる川で水面すれすれの岩の側面に止まっていました。ミルンヤンマでした。近くで見るのは初めてです。
左後ろの羽がちぎれていましたが、なかなか綺麗なトンボでした。


S20090811_093355
ミルンヤンマ ('09-8-11 広島県庄原市大鬼谷川)

posted by makokuni at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモ('09-8-22)

久々に琵琶湖南東部の田圃に行ってきました。
そろそろジシギ類が入っていないかと思ったのですが、全くだめでした。水を張った休耕田がほとんどなくその他のシギチもだめでした。
それでもヒバリシギを2羽観察できました。撮影できる距離には近づいてくれなくてちょっと残念でした。

写真は稲の間から出てきたカルガモの雛です。まだ翼の羽が生えていません。畦でしばらく休んでから、親鳥に誘われるように再度稲の間に入っていきました。


S20090822_1257471t
カルガモ ('09-8-22 滋賀県草津市)

posted by makokuni at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

オナガサナエ産卵飛行

西城川に降りていくと、瀬の縁でホバリングしているトンボを見つけました。
よく見ると腹部の先端近くにオレンジ色の卵を付けていました。オナガサナエの産卵飛行です。
ホバリングしながら卵を流れ上にばらまきます。


S20090810_073738
オナガサナエ♀('09-8-10 広島県庄原市西城川)

posted by makokuni at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

クサガメ(黒化)

帰省の時、実家のすぐ近くを流れる西城川で出会ったクサガメです。

西城川は、広島、鳥取、島根の県境を源流域とし三次で江の川に合流します。
子供の頃からこの川は大切な遊び場でした。アユはもちろんオヤニラミやアカザを捕まえて遊んだものです。

さて、このクサガメですが川に降りるコンクリートのスロープを登っている最中でした。
カメはかなり広い行動範囲を持っていることが判っています。川から水田域に移動している途中なのでしょう。
それにしてもスロープの上は田舎とは言え車が頻繁に通る国道です。このカメの甲羅もひどく割れた跡があります。昔の事故の名残だと思いますが、本当に良く生きているものです。

私が子供の頃は、クサガメもイシガメも本当にたくさんいました。今は、圃場整備と水路の改修(改悪?)でかなり減っていると思います。
このクサガメは特徴がはっきりしているので、また会ったら判るでしょう。それまで元気で。


S20090810_091714
クサガメ 黒化 ('09-8-10 広島県庄原市)

posted by makokuni at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

夏の深泥ヶ池

夏休み初日の8月8日、日本野鳥の会京都支部の「タカの渡り室内例会」に参加しました。支部の行事に参加したのは本当に久しぶりです。例会は午後からだったので、午前中に深泥ヶ池に夏の生き物観察に行ってきました。


S20090808_110233r
クマゼミ('09-8-8 京都市深泥ヶ池)
セミといったら最近はクマゼミになってしまいましたね。盆があけてからは少し静かになってきた気がしますが、この日は盛大に鳴いていました。

S20090808_103648r
ベニイトトンボ♂('09-8-8 京都市深泥ヶ池)
深泥ヶ池に行った目的の一つがこのトンボを観察するためです。確実に観察できる場所は少なくなっているのではないでしょうか。


S20090808_101548r
コバネアオイトトンボ♂('09-8-8 京都市深泥ヶ池)
初めて観察したトンボです。近畿地方では個体数が激減しているトンボで、京都府では絶滅危惧U類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。


その他のトンボや水生植物も観察しましたが、今回ビックリしたのはキノコが非常にたくさん生えていることでした。特に大型のイグチ類がたくさん生えていました。食べると美味しいと思うのですが、やはり手は出しませんでした。

posted by makokuni at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

メガネサナエ('09-8-5 長浜市)

山室湿原の帰りに琵琶湖岸に立ち寄りました。

目的はこのトンボ、メガネサナエの羽化を観察することです。
時間的に少し遅くなったので無理かと思ったのですが、何とか羽化直後の個体を観察できました。

波打ち際の水草に止まっていたのですが、波しぶきと風で水草が動いたためか羽が上手く広がっていません。
無事生き延びて欲しいと思いますがどうでしょうか?

メガネサナエは琵琶湖では珍しいトンボではありませんが、他の地域ではほとんど見ることができないトンボです。大切にしたいものです。


S20090805_100129
メガネサナエ('09-8-5 長浜市さいかち浜)

posted by makokuni at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

サギソウ('09-8-5 山室湿原)

今日で夏休みも終わり、明日から仕事です。
色々とやることがたまっているので、タカの渡りまでにはスッキリと片付けたいものです。

夏休みに出会った生き物をしばらく紹介して行きたいと思います。

まずは8月5日に行った山室湿原で観察したサギソウです。

S20090805_064619
昨年は7月第3週で全く咲いてなかったので、今年は8月第1週にしてみました。
まだ全体的には満開にはなっておらず、蕾の株もたくさんありましたが、傷んだ花もなく見頃と言って良いと思います。


S20090805_070705
サギソウは好きな花の一つなのですが、なかなか上手く撮影できません。
横向きに撮影してみました。この角度だと長い距が目立ちます。

山室湿原では、ハッチョウトンボ、エゾトンボ、ミヤマアカネなどのトンボも観察しました。

posted by makokuni at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

'09夏キャンプ(広島・大鬼谷'09-8-10〜12)

今年も大鬼谷キャンプ場に行ってきました。
局地的な大雨や地震など災害が相次いで心配しましたが、何とか天候ももって楽しく過ごせました。
今年は次男と特別参加のY君と3人で行ってきました。

S20090811_104952
初日(10日)はずっと雨が降りちょっとブルーな気持ちになりましたが、2日目は晴れ間が広がりました。
この日は次男の希望で沢登りに出かけました。雨が続いて水量が多めでしたが、それがかえって楽しさを倍増させました。
雌滝まで往復したのですが、写真が無いのが残念です。こんな時、防水カメラが欲しくなりますね。


S20090811_104852
キャンプ場に帰ってきてからも川遊び三昧です。

このあとY君が一番楽しみにしていたカブクワ取りの下調べに行きました。樹液の出ているクヌギを探したのですがキャンプ場の中にはあまり良い木が無く、キャンプ場の近くで何とか見つけました。結局、夜と朝に出撃して、カブト3頭、コクワ1頭、ノコギリ1頭、ミヤマ1頭の成果でした。


S20090811_105421
川ではスイカを冷やしています。以前に増水で流されてことがあるので、しっかり岩で囲んでいます。


S20090811_132040
キャンプ場近くの林ではフシグロセンノウが咲いていました。


S20090812_074627
3日目、何とか晴れテントも乾燥撤収できました。昼からはまた雨が降ったのでやれやれです。
写真は、朝日の中テントのロープに止まるノシメトンボです。今年はアカネ類がすごく少なく感じました。

今回の写真は全て DX FISHEYE NIKKOR 10.5 2.8G EDで撮影したものです。
魚眼レンズは特殊なものという印象があったのですが、そんなことはないですね。生き物の撮影にも使えそうです。

Y君、今回のキャンプどうでしたか? 虫取りには少し冒険もしないとね。

posted by makokuni at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする