2009年05月31日

コクワガタとトンボ

 最近、心身共に疲れ気味なので昨日・今日と休養日にあてました。それでも昨日は思ったより天気も良かったので1時間ほど近所を散歩してきました。お供はRicoh GX100。ポケットに突っ込んで出発です。

先ずは茶臼山公園で久々にクヌギのチェックです。樹液のでる木を5ヶ所回ったのですが、この木だけ僅かににじみ出ていました。甘酸っぱいにおいが夏を感じさせます。
めくれにはコクワガタが4頭潜んでいましたが全て雄でした。
Ricoh GX100は、一眼レフでは撮れない無茶な構図でも撮影できるのが魅力です。
S20090530_134334
('09-5-30 大津市茶臼山公園)  コクワガタとヨツボシケシキスイ

次に公園を後にして、名神南側の棚田とため池に行きました。ため池ではトンボ数種類とイシガメがいました。このため池にはブルーギルがいないようで、小魚やエビがたくさんいます。
S20090530_140958

('09-5-30 大津市平尾町) クロイトトンボ

S20090530_142545
('09-5-30 大津市平尾町) オグマサナエ 

棚田の後は相模川の上流に少しだけ入ってみました。この川沿いの道を進むと音羽山に続く稜線につながっています。 S20090530_143800
('09-5-30 大津市平尾町) アサヒナカワトンボ♀

S20090530_145956_3
('09-5-30 大津市平尾町) アサヒナカワトンボ♂

S20090530_145702_2
('09-5-30 大津市平尾町) ダビドサナエ♀
クロサナエと少し迷いましたがダビドでしょう。

GX100でもそこそこトンボを撮影できることが判りました。レンズ先端から1cmまで近づけるのをもう少し上手く使えたらと思っています。

posted by makokuni at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

圃場整備でカスミサンショウウオがピンチ?!!

5月23日、滋賀県彦根市の里山にある田圃にカスミサンショウウオを見に行きました。

S20090523_102036
この田圃は2月末に来たときは重機が入って圃場整備の真っ最中で、中に入るのを諦めました。現在は工事は終わり、農家の方が石拾いをされていました。
サンショウウオが産卵していた小さな水路は完全に無くなっています。
S20090523_102046
代わりにできたのがこの水路。写真では判りませんが深さ70cm程度の結構大きな水路です。
S20090523_102356
水路には山から水が流れ込んでいて、写真の様にカスミサンショウウオの卵嚢が3対ありました。2対は孵化済みでしたが、1対は発生が進まず死んでいました。
S20090523_103942
幼生もちゃんといました。おそらく変態するまでは無事成長するのではと思います。
問題は変態した後、この水路から脱出できるのか?ということです。
サンショウウオは垂直な壁を登ることができる」という報告があるので、少なくとももう少し角がある構造なら登れると思うのですが・・・。水路奧の斜面が出入り口として機能するのか・・・?
来年産卵に来る成体はどうなるのか? いろいろと疑問(心配ごと)がわいてきます。

ここの状況をしばらく継続して観察したいと思っています。

この田圃に入るために近くの道に車をとめたら、ギギギギ、ギギギギとカエルの鳴き声がしてきました。ダルマガエルです。私の故郷では絶滅してしまったカエルです。
滋賀県にはまだまだたくさんいるのですが、大事にしたい生き物の一つです。
S20090523_095929t

posted by makokuni at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

里山のトンボ(滋賀県彦根市'09-5-23)

山室湿原とあわせて、彦根の里山を散策しました。そこで観察したトンボを紹介します。

S20090523_091209
ニホンカワトンボ♂
別の♂が縄張りに入ってきたら盛んに追い払っていました。♂は体に白い粉が噴いています。

S20090523_082542
ニホンカワトンボ♀

S20090523_092317
タベサナエ♂
胸の前面に黄色いL字がある小型のサナエトンボです。

S20090523_101035
ヤマサナエ♂
胸の前面に黄色いL字がある大型のサナエトンボです。

その他には、シオヤトンボが最も個体数が多かったです。ヤンマの仲間もいたのですが、飛行が速すぎて私の識別力ではギブアップでした。

posted by makokuni at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

山室湿原('09-5-23)

新型インフルエンザで何かと騒がしいですが、早起きして米原の山室湿原に行ってきました。そろそろ湿地の花が咲き出すのと、ハッチョウトンボの羽化をみたいと思ったからです。
いつもの様に、大津を5時に出発、現地には6時に到着しました。

S20090523_064808t
アギスミレ
ニョイスミレが湿地に適応したもので、ブーメラン型の葉が特徴です。花期もニョイスミレよりかなり遅い(山室ではほぼ一ヶ月)と思います。

S20090523_071913
S20090523_072650
トキソウ
少し早いかと思っていたのですが、ちょうど見頃でした。淡いピンク色をトキ(Nipponia nippon)の色に見立てて名が付いたのでしょう。

S20090523_063330
ハッチョウトンボ(♂未成熟)
成熟した雄はカープファン(私)好みの真っ赤になりますが、羽化して日が浅い個体はうっすらと赤みがかかった程度でした。

S20090523_065910
ハッチョウトンボ♀
こちらは雌です。タイガースファン(妻)が好きそうな、虎縞模様です。環境を写すためRicoh GX100(35mm版換算で24mm)で撮影してみました。

ハッチョウトンボはたくさんいたのですが、羽化したては1個体しか、それも向きが悪くてうまく撮影できませんでしたが、一応アップしますね。色づく前のハッチョウトンボもなかなか綺麗でした。
S20090523_062701

posted by makokuni at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

やってきた・・・

やってきましたね。
ハチクマの大群だったら良かったんですが・・・、新型インフルエンザ。
さすがに通勤電車内でマスク着用の方が増えてきました。
滋賀から神戸、大阪へは通勤している人も多いし、間違いなくやってきますね。

S20090509_123517
 コミスジ('09-5-9 大津市茶臼山公園)

posted by makokuni at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

やっと初ハチクマ

この土日は本当に暑い二日間でしたね。
短時間ですが昨日は岩間山、今日は自宅近くでタカの渡りを観察しました。
結果は、次の通りです。

大津市岩間山 '09-5-9 9:30〜12:00
サシバ5 南にはずれるハチクマがいないかと思いましたが、やっぱりだめでした。

大津市平尾町 '09-5-10 13:00〜14:00
ハチクマ3 やっと今年の初ハチクマに出会いました。それにしても高度が高い。コース的には琵琶湖南湖を越えて三上山方面に向かました。

S20090509_104205t
ヤマガラの水浴び('09-5-9 大津市岩間山)

 
   

 

posted by makokuni at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

キャンプで出会った春の花

春のキャンプでは、スミレ類を中心に観察しました。

観察した主な花です。
(スミレの仲間)ダイセンキスミレ、タチツボスミレ、オオタチツボスミレ、ナガバノタチツボスミレ、ニョイスミレ、サンインスミレサイシン、アケボノスミレ、マルバスミレ、シハイスミレ、フモトスミレ、スミレ、コスミレ、ヒメスミレ
(その他)イチリンソウ、イカリソウ、エンレイソウ、チゴユリ、キケマンなどなど

毎年同じ時期に同じ場所しか歩かないのでおなじみの花ばかりです。ただ今年は少し花が早く咲いている様でした。
今年はキャンプ場近くのこれまで入らなかった雑木林を歩いてみました。それで、久しぶりにアケボノスミレとナガバノタチツボスミレを見ることができました。

S20090502_115030
ダイセンキスミレ(広島県庄原市比和町 '09-5-2)

S20090502_152232

S20090502_152422 
イチリンソウ(広島県庄原市高野町 '09-5-2)

S20090503_085525
アケボノスミレ(広島県庄原市高野町 '09-5-3)

S20090503_084921
ナガバノタチツボスミレ(広島県庄原市高野町 '09-5-3)

 

posted by makokuni at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

中央中国山地のサンショウウオ('09-5-2)

今年も春の山でサンショウウオを観察しました。
この山域では高地型カスミサンショウウオ、ブチサンショウウオ、ハコネサンショウウオがほぼ同一の環境で生息しています。
実際にその様子を確認したいと思っていました。

まず最初のポイント、林道脇の斜面から湧水が流れ出ている場所で高地型カスミサンショウウオ成体1を観察。卵塊も3対ありました。
低地型に比べて体色や体型が違います。

S20090502_112248

次のポイントでは、道ばたのコンクリートブロックの下に隠れていた高地型カスミサンショウウオ幼体1を観察しました。成体の半分以下の大きさでした。

S20090502_114144

第3のポイントは写真の小さな沢です。冬季の雪の影響で笹やシダなどがまだ倒れています。岩の下にサンショウウオが産卵している可能性があります。

S20090502_132243

沢に入って「こんな感じの岩が良いんだよ」と次男に言いながら最初にめくった岩の下には・・・・。

ブチサンショウウオ成体2と卵塊2対が。

こちらは斑の少ない個体。

S20090502_115451

こちらは斑の多い個体です。
もう少しちゃんと写真を撮りたかったのですが、どちらも砂礫の下に潜ってしまいました。

S20090502_115946

めくった岩の下に産み付けられたブチサンショウウオの卵塊です。写真では判りにくいですが結構大きなもので、袋自体もかなりしっかりとしています。

S20090502_115424

ブチサンショウウオを見つけた岩から1m〜2m離れた2ヶ所で、カスミサンショウウオの卵塊を6対ほど発見しました。
握りこぶしより小さい砂礫の間に産卵していました。

S20090502_132814

さらに1m離れた小さな岩をめくると背に赤い斑のあるハコネサンショウウオ成体1を発見。写真を撮影するまもなく砂礫の間に入って行きました。

結局この沢では、5mくらいの範囲で、ブチサンショウウオ成体2卵塊2対、高地型カスミサンショウウオ卵塊6対、ハコネサンショウウオ成体1を観察できました。

沢の上流まで上がればさらに観察できたと思いますが、子供連れで無理もできません。
短時間でしたが、満足して花の観察に移行しました。

(余談)
この日の夜、テントで寝ているとき次男が寝ぼけて、「ここだ」と叫んで私のシュラフに手を突っ込んでまさぐってきます。どうやら砂礫の下に潜ったサンショウウオを探しているようでした。

posted by makokuni at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

'09春キャンプ(大鬼谷'09-5-2・3)

S20090502_125126

今年も恒例の大鬼谷キャンプ場に行ってきました。中3の長男と妻は留守番で、次男と二人です。

キャンプ場に行く前に、これまた恒例の吾妻山に生き物観察に行きました。
ダイセンキスミレなど春の花とサンショウウオを観察しながら、南ノ原から大膳原まで往復しました。

写真は大膳原から望む吾妻山山頂です。この写真の中央が広島県(写真左側)と島根県(写真右側)の県境です。

S20090502_150612

山から下りて14時に大鬼谷キャンプ場に入りました。
今回のテントサイトは、白樺サイトの16番でした。お気に入りの白樺サイトの奧側で大満足です。

早速二人用のシンプルなサイト設営をしました。

テントは20年?前に購入したモンベルのムーンライトVです。経年変化でシームテープやフロアのコーティングが剥がれていて雨降りで浸水するのですが、天候もまずまずで問題ありませんでした。

S20090502_172625

キャンプの楽しみはなんと言っても食事ですね。

今回の夕食は時間も無かったので手抜きですが、絶対に美味しい炭焼きステーキにしました。

炭火で焼くとビックリするほど味がよくなります。輸入牛肉と地元のブランド牛肉(比婆牛)を焼いたのですが、赤身の輸入牛肉の方が美味しく感じたほどでした。

S20090502_192510

食事の後は、これまた恒例の七輪たき火を楽しみました。
私は火を見ながら冷酒をチビチビと、次男はマシュマロ焼きや缶詰焼きを楽しみました。

S20090503_055819

2日目の朝食はホットサンドを作ったのですが、新メニューも一つ作ってみました。
昨夜のたき火で焼いた焼き芋が余っていたので、身をホークでほぐして、砂糖と牛乳を加えて混ぜた後、ホットサンドメーカー(Snow Peak トラメジーノ)で表面に軽く焼き色が付くまで焼いて、スイートポテトもどきの完成です。
これ、簡単でメチャ旨でした。

一泊二日のキャンプはあっという間に終わりです。昼前に撤収して、実家に戻りました。

posted by makokuni at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芽吹く柿の木

6連休も今日を入れて後2日になりました。
GW前半は今年も帰省を兼ねて広島県庄原市高野町の大鬼谷へキャンプに行ってきました。吾妻山とキャンプ場でいろいろな生き物を観察しましたので、また紹介したいと思います。

写真は庄原市川北町で見つけた柿の巨木です。
水田と山の若葉と柿の芽吹きが合わさって神々しい印象でした。

S20090503_112731_2

posted by makokuni at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする