2009年04月29日

旅の途中('09-4-29)

祝日の今日、早起きして米原方面の湿地に行ってきました。6時過ぎには現地に着いたのですが、予想以上に寒くて陽が高くなるのが待ち遠しいくらいでした。

昼過ぎには自宅に戻ったのですが、途中の琵琶湖南東部草津市の田んぼを少しだけ回ってみました。目的はシギチなどの渡り鳥です。この時期、田植え前後の田んぼで旅の途中鋭気?を養っています。

最初に見つけたのはこのチュウシャクシギです。以前はかなりの数が集まって塒入りをするのが観察されていましたが、最近は数が少なくなった印象があります。
盛んにミミズ?を食べていました。観察した数分の間でもかなりの数のミミズ?を食べていました。田んぼの生産能力はこんな所でも判りますね。

S20090429_114947t

S20090429_114720t

こちらはカモメです。冬には頭部にあった斑が無くなっています。
冬場は琵琶湖畔で観察できますが、この時期は田んぼに集まっているのを良く観察します。

S20090429_115844t

最後は、黒いずきんを被ったユリカモメです。
冬場は京都の鴨川でもなじみの鳥で、毎朝夕琵琶湖と京都を移動して過ごしていることが知られています。この個体はどこで越冬していたのでしょう。
今は田んぼで充分に栄養をとり繁殖地に戻る準備に余念がありません。

S20090429_114845

それにしても田植えの準備は最盛期ですね。
農家の方のじゃまにならないように充分に気をつけているつもりですが、こちらは遊んでいるのであたりまえですね。

posted by makokuni at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする