2008年10月26日

センチコガネとオオセンチコガネ

琵琶湖周辺の山ではオオセンチコガネを観察することができます。タカの渡り観察の場所、岩間山でもよく見かけます。
センチコガネとオオセンチコガネはよく似ています。色も様々で、ちょっと見ただけでは判断し難い場合があります。

識別ポイントは、頭楯の形(頭の先端、触覚から前の部分)です。丸くて短いのがセンチコガネ、長くて三角なのがオオセンチコガネです。

岩間山ではどちらも普通に観察できます。オオセンチコガネは、青緑系の個体が多い様に思います。S20081025_140005t

センチコガネ
('08-10-25大津市岩間山)

S20081013_094225t_2

オオセンチコガネ
('08-10-13大津市岩間山)






今日は雨で一日ゆっくり・・・・とはいかず、会議資料の作成に取り組みました。野鳥や生き物の資料は楽しく読めるのですが、仕事の方はなかなか進みません。

posted by makokuni at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

タカの渡り('08-10-25岩間山)

天候が回復して停滞していたノスリが来る予定だったのですが、曇りがちな一日となりました。
ノスリも数はそこそこでたのですが、近くを飛ぶものが少なく満足感はあまりありません。

ハイタカ属は今年一番の観察数で、東行きのハイタカを含めれば30羽以上観察できました。ハイタカ、ツミの識別は相変わらず難しいですが、そこがおもしろいところですね。

今日で今年最後のタカの渡り観察にしようと思っていたのですが、もうちょっと楽しまないと終われそうにありません。

081025

タカ以外には、私自身初認のマヒワ、ジョウビタキなどを観察しました。アトリの大きな群れも飛んでいました。

posted by makokuni at 19:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

ノスリとハイタカ属('08-10-18岩間山)

タカの渡りも終盤です。
今日の岩間山は、天気も良く、タカも適度な距離で飛んでくれて1日気持ちよく過ごせました。

90羽程のタカを観察したのですが、ほとんどがノスリで、残りがハイタカ属、今年最後になるかもしれないハチクマが1羽という結果でした。

S081018b
ノスリはゆっくりと渡って行きます。サシバやハチクマよりかなり移動速度が遅く感じます。南方まで行かなくても十分越冬できるのですから、余裕がありますね。

さて、この時期になると悩ましいのがハイタカ属の同定です。下の写真の違いがわかるでしょうか? 同じようなポーズの写真を選んでみました。
私は現場では自信がありません。

S081018c
S081018a1
上はツミ幼鳥、下はハイタカ成鳥♂だと思います。やっぱりむずかしいなあ・・・。

posted by makokuni at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

アカスジキンカメムシ

タカの渡りを観察中、足下にカメムシがいるのに気がつきました。
キンカメムシの仲間だと思うのですが、成虫でないためはっきりと判りませんでした。

カメムシで有名なblogで調べさせていただいて、アカスジキンカメムシの幼虫と判定できました。成虫とは色合いがかなり違いますが、綺麗なカメムシであることに違いはありません。ほとんど宝石ですね。

S20081003_155554
('08-10-3 大津市岩間山)

posted by makokuni at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

タカの渡り('08-10-13岩間山)

連休の3日目、やっとタカの渡りを観察にいけました。
天気も良く、ノスリやツミをゆったりと見るつもりだったのですが・・・・。

天気が良すぎるためか、遠い、高い渡りで、視力の落ちた私にはつらい状況でした。
それでも100羽を超えるノスリと10羽のツミを観察しました。

今日満足できれば、今秋のタカ渡り観察は最後にしようと思っていたのですが、もう一度ノスリのピークにあわせて行こうと思います。

S20081013_133802t
写真は一番近くを飛んでくれたノスリです。かなりトリミングしてこの大きさです。

posted by makokuni at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ウラナミシジミとミゾソバ

今日は急激に天候が回復しましたね。
天気が悪いと思っていたので、久々にゆっくり朝寝坊しました。

昼に近くの棚田を散歩しました。ノビタキやエゾビタキがいましたが、一番目立ったのはモズの高鳴きでした。

S20081011_113238
写真は棚田に咲いていたミゾソバです。ウラナミシジミがゆっくりと休んでいました。

明日、明後日の1日はタカの渡りを見に行きたいと思います。

posted by makokuni at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

運動会とタカの渡り

今日も良い天気でした。
次男の運動会の合間に空を見上げて、タカの渡りを観察しました。S20081004_101311
校庭から西を望んだ風景です。奥に小さく見える山が千頭岳(緑反射板の山)です。

双眼鏡で空を眺めていると、ちょっと怪しい人に思われそうなのであまり真面目に観察できなかったのですが、ノスリがポツポツと渡るのが確認できました。
位置的には千頭岳から北の稜線にあがっていくと思うので、岩間山から観察できるかは微妙な位置だと思います。

S20081004_121825
写真は校庭の遙か上空を流れていくノスリです。瀬田川を渡ってきてやや高度が下がっているためか、なんとか肉眼でも判りました。

posted by makokuni at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

タカの渡り('08-10-3岩間山)

平日ですが仕事を休んで岩間山に行って来ました。毎年、シーズンに1日は休んでタカを見ることにしています。
サシバ、ハチクマもそこそこ飛んでくれましたが、やっぱりノスリが増えてきました。
小鳥はヒタキ類がすっかりいなくなりました。替わりに冬鳥のアトリ、ウソを今シーズン初めて観察しました。夏鳥はクロツグミがまだいました。

さて、今シーズンに自分が観察したタカ渡り個体数がやっと1000羽を突破しました。毎年1000羽は観察したいと思ってますが、ここ10年近く達成できていませんでした。ピークに当たれば1日で達成できるのですが、今シーズン5回目の岩間山でやっと到達しました。

S081003
ハチクマ(成鳥♀)

S081003e
ハチクマ(幼鳥)

S081003b_2
サシバ(成鳥)

明日は次男の運動会です。明後日は雨の予報なので、次回のタカの渡りはノスリのピーク頃を狙おうと思います。
明日も小学校のグランドから千頭岳の北側をちょこちょこ見ようと思います。

posted by makokuni at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする