2008年05月19日

春のハチクマ・・・残念

土曜日は残念ながら仕事、やっと昨日(日曜日)に春のハチクマの渡りを期待して近くの棚田へいってきました。

琵琶湖を避けたちょっと気の弱い個体が通る(?)ルートなので1羽でも観察できたらOKと思っていたのですが、結局ボウズでした。例年1羽は春に観察できていたのにちょっとガックリです。
タカはミサゴが1羽だけでした。

棚田の花や昆虫の写真を撮って引き返しました。
写真はキンポウゲの上で獲物をまつクモです。
Tupepzch
posted by makokuni at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

カエル、ヘビ、そして・・・春キャンプの生き物(5)

春キャンプで出会った生き物の最終回です。
今回は私の好きな両生類・爬虫類です。嫌いな方は見ないで下さいね。

F8fiahec











キャンプ場横の林道脇にいたニホンアカガエルです。
故郷の田んぼはちょうど田植えの準備で、夜にはトノサマガエルやアマガエルなどが大合唱していました。
山ではこのカエルとタゴガエルを、キャンプ場の渓流ではニホンカジカガエルを見ました。


5es2pyqy











カエルを狙っているのかほとんど同じ場所にこのヘビがいました。この辺では一番よく見かけるヤマカガシです。ちょっと立派な個体で、次男は少しびびっていました。

4nyn9sm4












さて、最後は今年もブチサンショウウオです。成体2個体と卵塊多数を確認しました。
さらに、おまけでハコネコネサンショウウオ(この個体はかなり黄色みが強い個体です)をみつけてしまいました。
今年は卵塊がたくさんあったのですが、道路脇のあまり安定していない水場に集中していました。ちょっと心配。

posted by makokuni at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ナミハンミョウ 春キャンプの生き物(4)

J3rn9p9e

次男が朝の散歩で見つけてくれました。
息子は小学校3年生なのですが、初めて見たそうです。どこにでもいる昆虫のイメージがあったのですが、確かに今住んでいる場所の近くでは見たことがありません。

綺麗な昆虫ですがすごいアゴで、ちょっと恐い顔をしています。昔捕まえた時、指を噛まれたことを思いだしました。
posted by makokuni at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

野の花 春キャンプの生き物(3)

Vfuuw2ep イカリソウ('08-05-3 広島・庄原市)

私の田舎では林縁のあちこちに咲いています。
キャンプ場の中にもたくさん咲いていました。でもほとんどの人は気づかない?様でした。
それにしても不思議な形の花です。

Z7r1gu0o イチリンソウ('08-5-4 広島・庄原市)

イチリンソウもたくさん咲いていました。車で走っていても白い花の群落をあちこちで見ました。
写真の花はキャンプ場の川沿いの林に咲いていたものです。朝早くで花が開ききってないので、花弁の裏側を撮影してみました。綺麗なピンク色です。

posted by makokuni at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

木の力 春キャンプの生き物(2)

0qzklzzg 巨木の芽吹きです。標高1000mを越えるこの場所で、この大きさになるのに何年かかったのでしょう。
毎年の芽吹きの繰り返しがこの木を作り、森を維持しています。
この木の近くの水場で今年もサンショウウオをみつけました。故郷の森がいつまでも続くようになにかしたいと思います。


Pl_8wmpc
こちらは一昨年の冬に雪で倒れた木です。倒れて2回目の春を迎え、倒れた幹からたくさんの枝芽が空に向かって伸びて
います。
この木がこれからどんな姿になるか非常に興味があります。
来年の春もこの場所に行こうと思います。

posted by makokuni at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

スミレがいっぱい 春キャンプの生き物(1)

春キャンプでは、春の花と生き物を楽しみました。
今回はスミレを紹介します。

広島県東北部のこの辺りは、西日本型のスミレと日本海型のスミレなどが観察できます。
Ifk0hg9s













('08年5月3日 広島県吾妻山池の原)

この辺りで一番多いスミレで、至る所に咲いています。少し湿っている場所に特に多くて、足の踏み場も無いほど咲いていました。芽吹き出した木々とのコントラストは素晴らしいものです。代表的な日本海型のスミレ、オオタチツボスミレです。
Hgfdphzf













('08年5月4日 広島県大鬼谷キャンプ場)
こちらは人里の代表的なスミレ、ヒメスミレです。キャンプ所の管理棟横の芝に群生していました。小さなスミレですが濃い花の色が印象的です。

その他に、シハイスミレ、マルバスミレ、フモトスミレ、スミレサイシン、ダイセンキスミレ、タチツボスミレなどを観察しました。もちろん「スミレ」もありました。
今年は山も春が早かったようで、スミレサイシンやダイセンキスミレは日当たりの良い場所では花は終わっていました。
posted by makokuni at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

大鬼谷キャンプ ’08年春

5jqsfbh7













今年も帰省にあわせて大鬼谷キャンプ場に行ってきました。6連休の予定が3連休になってしまったので1泊ですが・・・。今回は次男と2人のキャンプなので、荷物を最小限にして、テントも昔バイクツーリングに使っていたムーンライト�を引っ張り出しました。あっという間に設営してビール体制に突入するところで写真を撮ってみました。
それにしても最近のキャンプサイトはすごくたくさんの装備?を持っておられるのでびっくりします。

21jnpkau













さて、夜は恒例の七輪焚き火です。焚き火担当の次男が大ハッスルでがんばってくれました。火遊びは子供には大切だと思うので、少々の火傷は気にしません。

フクロウやジュウイチの声を聴きながらシュラフにもぐり込みました。

V9ykfzcg













次の朝はもう帰る日です。次男とパンケーキを焼いて朝食にしました。見た目は悪いですがなかなか美味しかったです。

今年は大鬼谷も春が早く来たようで、春の花もいつもより早く咲いている様に思いました。
昼間は25℃を越える暑さでした。


花や生き物については、近々アップしたいと思います。

明日はもう仕事です。がんばります。
posted by makokuni at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする