2006年05月22日

ホトトギスがきた

Gldk9cm3
先週の金土、松江にいってきました(仕事です)。いつもは鳥見で冬に行くことが多いので、この時期は久しぶりでした。出雲そばが美味しかったです。

で、日曜だけ休みだったので、昨日は近所の公園でクワガタを次男と探して終わり。コクワガタ2頭だけ見つけました。

そして今日は当然仕事なのですが、休みが一日だけだと今ひとつ疲れがとれていない気がします。今週末は運動会だし、ちょっとしんどいかな。

でも、今日は帰宅途中で夜空を鳴きながらとぶホトトギスを観たのでOKとしましょう。
ハチクマも我が家の上空を飛んでもるハズ、と思っているのですが今年もダメそうです。
posted by makokuni at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

里の春で出会った昆虫(中国山地)

Mbrye0lv イチリンソウを観察していて、花弁に小さな虫がとまっているのに気がつきました。全体が濃い藍色で、不思議な足の形をしています。写真では色がよくわかりませんが、モモブトカミキリモドキだと思います。
Rbqtzspl さて、春の農道はいろんな生き物が行き交うのですが、農作業の車にひかれる生き物がたくさんいます。この日も大きなシマヘビがトラクターに轢かれてしまいました。でも、さっそくオサムシがやってきて、齧り付いていました。この写真を気持ち悪いと思う人もいると思いますが、田舎では当たり前のことです。
Fkwkcb64 春の蝶も何種類か確認したのですが、一番身近にいるシジミチョウの仲間、ベニシジミだけしか撮影できませんでした。アップにするときれいなチョウなのがわかりますね。
posted by makokuni at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

サンショウウオに出会う(中国山地)

8d2_j9hq 連休の後はなかなか仕事のペースが戻りませんね。さて、連休中に出会った生き物の第3弾です。
今回のキャンプ地はこの生き物に出会うために選びました。彼らに出会いやすいのは、この写真のような道端に冷たい水がわき出ている場所です。

Hq_m9fg4 冷たい水がじわっとしみ出ているところを探して、そっと岩を持ち上げると、いました。ブチサンショウウオです。卵塊の近くでじっとしていました。約1kmの道沿いを探して、卵塊を五ヶ所で、成体2頭を確認できました。

Wugjryoi ちょっと可哀想なのですが、コケの上にのせて記念撮影をさせてもらいました。ブチサンショウウオは中国地方では止水性小型サンショウウオの代表格だと思います。このあたりには流水性のハコネサンショウウオも生息していますが今回は探せませんでした。

(注意)小型サンショウウオの分類は、以前と今は違っているかもしれません。ここでブチサンショウウオといっている個体群も本当は違う種類かもしれません。勉強不足でごめんなさい。
posted by makokuni at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

春の野鳥たち(中国山地)

連休中に出会った生き物の第2弾、野鳥編です。ひどい写真ばかりなのですがお許しを。
Pbvvwf8n 今回の目的の一つは春のタカの渡りを観察する事にあったのですが、残念ながら確認できませんでした。で、唯一確認したタカがこれです。海辺のタカのイメージが強いですが、中国山地では谷川やダムなどでもかなりの頻度で観ることができます。
Do3qdrfi 実家から歩いて5分の橋で営巣しています。以前は別の橋で営巣していたのですが、橋の架け替えがあってから引っ越してきたようです。巣作りの真っ最中でした。
Y0o5oke4 中国地方のブナ林で一番元気なのはこの鳥でしょう。日の出前の林で盛んに餌を探していました。
Ppvc9imv 夏鳥は、キビタキ、コルリ、オオルリ、ツツドリ、アマツバメを観ました。あとはマミチャジナイくらいかな。渡りの中継地ではないので、なかなか写真が撮れなかったのですが、このキビタキはたまたま真上の枝にとまってくれました。

以前から感じている事なのですが、私の実家付近の中国山地は、近畿北部と比べても野鳥の個体数、種類とも少ない気がします。昔からたたら製鉄などでブナ林が開発されてきた影響なのでしょうか。
posted by makokuni at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

里の春(中国山地)

U4vkszen 連休中に出会った生き物を紹介する第一弾、中国山地の山間にある私の田舎の春です。
圃場整備で用水路もコンクリ貼りが多くなりましたが、キンポウゲの咲く昔ながらの小川も残っています。
Rfy6e7ib 田植え間近の田圃では、トノサマガエルが蛙合戦の真っ最中でした。
雄雌かまわず背中に飛びつくのですが、なかなか大変そうでした。
11jfg3te さて、林辺には春の花がいろいろ咲いていました。土手を白く彩っているのは何かわかりますか。
正解は次の写真です。
R2u9e6og そうです、答えはイチリンソウです。
私の田舎には群生しているところがあちこちにあり、春の代表的な花です。
2xuwohnw そしてこの時期目につくもう一つの花がこれ、イカリソウです。
不思議な形をした花が林縁一面に咲いていました。
posted by makokuni at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

キャンプで中国山地の春を楽しむ

Qcjjtomr 昨日、中国山地のキャンプ兼帰省から戻ってきました。キャンプ地は標高約1000mのブナやミズナラの林に囲まれた場所です。ブナはまだ芽吹いていなくて、ヤマザクラが満開でした。
Ryrbdrow 天気が良かったのでキャンプ地の近くの山頂からは中国地方の名峰大山をはっきり観ることができました。
8gukrxfr キャンプ場付近にツクシがたくさんでていました。次男が採ってきたので頭と袴を取ってきんぴら風に炒めてみました。なかなか美味しかったです。
J4um3yuj そして恒例の焼き肉、焼き鳥をしました。第3のビールがすすむすすむ。
Ryfqi5c2 今回のキャンプ兼帰省ではいろいろな生き物に出会うことができました。その出会いについては後でアップします。お楽しみに。
posted by makokuni at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする