2006年02月28日

やっとツグミが・・・

A6tdgskl
この冬は、例年に比べてツグミなどが少なかったですね。でも2月末になってやっと我が家の周りでもかなりの数を観察できるようになりました。いままでどこにいたのでしょう?
今朝も、冬の間実の付いたままになっていた柿の木に20羽以上が群がっていました。
もう春の渡りを開始しているのかもしれません。そろそろノスリの春の渡り、そして3月末にはサシバが帰ってきますね。今年は春のタカ渡りを何回か見に行きたいと思っています。
posted by makokuni at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

春の霜

Ba1kglip 祖母の四十九日の法要で田舎に帰ってきました。

今朝は天気も良く、適度に冷え込んで立派な?霜が降りていました。
こんな霜の降りた朝でも、朝の日差しは柔らかくて春を感じました。なにより、ヒバリが霜の上で囀っていたのでびっくりしました。

そろそろフキノトウがでてないかと探したのですが、さすがにまだ少し早いようでした。でも久々に霜柱をガシガシ踏んで気持ちよかったです。
posted by makokuni at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

早春の花

Trr1ilvl
この花、なんだか判りますか?

近くの山で・・・、と書きたいとこですが、我が家の植木です。答えは、下です。
最近は寒い日と暖かい日の差が大きいですが、徐々に春になっていますね。












答え・・・マンサクです。

posted by makokuni at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

小雪

Iquj6rl4 今日は気温が低かったためか、うっすらと積もった雪がなかなか融けません。
日が高くなり、日陰の雪に太陽があたって融けていく雰囲気を写してみましたが、完全に失敗です。
肉眼ではよく見えた雪の結晶が判りません。陽があたった瞬間に結晶が変型して水になります。太陽のエネルギーはすごいです。
posted by makokuni at 17:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする