2004年12月29日

Oriental Stork

Dsoyvvvc
(京都府亀岡市'04-12-29)

今日から冬休み。やっとコウノトリを見に行く事にした。
新聞でも報道され多くの人が集まっている状態ではあまり見に行く気にならなかった。さすがに最近は落ち着いてきていると思ったので行く気になったのだ。

朝起きると、雨。京都市内を抜けると、老ノ坂あたりから雪に変わった。
現地に着くと雪で視界が悪く、どこにいるのかわからず少々焦ってしまった。

探していたら雪の中を飛翔するコウノトリを発見。美しい。
河原に降りた後、ゆっくり羽繕いをしていた。
予想以上に気品と存在感のある鳥でした。大きい鳥の好きな私にはたまりませんでした。
それに天候のためか観察している人も他になく、ゆっくり観察できて最高でした。しかし、寒かった。

posted by makokuni at 21:56 | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

琵琶湖で鳥見(草津市12/26)

Bdxltna6
(滋賀県草津市12/26)

今日から妻と子供達は東京に出かけ、昼から久しぶりに琵琶湖南湖東側、草津市あたりを徘徊してみました。

今年もコハクチョウが越冬に来ていました。それは素敵なことなのですが、ハクチョウが来るとなぜすぐ餌付けしようとするのか?「保護=餌付け」ではないと思うのですが・・・。

今日は特に珍しいカモも発見できませんでしたが、オオバンのアルビノがいました。アルビノは自然界では弱いと言うのが通説?ですが、数年前から観察しているので、元気に生きているようです。
posted by makokuni at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

好きな鳥(5)コミミズク

12zjgxfy

最近めっきり出会う機会が減ってしまいました。
以前は冬場に巨椋干拓に行くと複数の個体が観察でき、顔つきの違いで個体識別ができるほどでした。

ネズミを捕まえてもすぐに食べずに隠しておいたり、ねぐらに人や犬が近づいたりした時の行動もとてもおもしろいものでした。

早朝にコミミズクの狩りを観察していたら、停めておいた私の愛車(バイク)の上に留まったこともあります。
posted by makokuni at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

好きな鳥(4)ヨシガモ

Xefpwfes

最近やっと寒くなってきましたね。やはり冬は寒くなくては困ります。
冬の鳥と言えば、ガンカモです。北から渡ってくる白鳥、雁そして鴨たちは冬の風物詩でもあります。

私は、「日本を代表する鴨は?」と聞かれたら、トモエガモか写真のヨシガモのどちらかと答えます。より身近なカモであるヨシガモの方がふさわしい気もします。

雄はナポレオンの帽子のような形の頭(しかも美しい色)と長いふさ状の三列風切り羽が特徴です。

しかし、いまいちの写真だな。
posted by makokuni at 22:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

冬のキノコ

Brypkjzr
('04-12-5 滋賀県新旭町)

キノコは秋の季節のものだと思っていませんか?
春や冬にも結構いろいろなキノコが生えてきます。

写真は、野生のエノキタケと思うのですが、いかがでしょう。
図鑑を持ち歩いていなかったので、残念ながら持ち帰りませんでした。
本当にエノキタケなら惜しかった。
エノキタケは冬のキノコで結構身近な公園などでも生えていることがあると、友人から教えてもらったことがあります。
posted by makokuni at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

重油の悪夢ふたたび

今日、アラスカ沖の重油流出事故のニュースを見た。
97年日本海のナホトカ号の悪夢がよみがえった。

重油にまみれた、ウミネコ、ウトウ、ウミスズメ等々、調査に行った私たちが観たのは初めて体験する被害の大きさだった。
重油にまみれたウミスズメが岩場にあがっている。保護しようとしてもとどかない。波にのまれたウミスズメは二度と海面にあがってこなかった。
砂浜に打ち上げられたウトウやシロエリオオハムの死体、港ではコクガンさえも重油で汚れていた。

今回のアラスカではさらに多くの生き物が影響を受けているだろう。悪夢は繰り返すのだ・・・・。


posted by makokuni at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

サル

Sxdna32x
常神に行く途中で、サルの群れに出会いました。この日は、滋賀県内で2群、常神半島で1群と、計3群と出会いました。最近、ニホンザルの群れに出会う頻度が多くなってきていると感じます。

見た目は可愛らしいのですが、畑を荒らしたり、いろいろ問題があるのも事実です。

紀伊半島では逃げ出したタイワンザルと広範囲で混血しているそうで、こちらもかなり深刻な問題です。
posted by makokuni at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常神で忘年会

T2qysadr
会社関係の忘年会第一弾で、常神に一泊で行ってきました。
常神は10年ぶりでした。以前に比べて幾分さびれた感がありましたが、その分静かで良かったです。

しかし、夜中から午前中にかけて強風が吹き荒れて、車が潮をかぶってしまいました。

海鳥をゆっくり探したかったのですが、あまりの風の強さに早々に帰ってきました。
posted by makokuni at 20:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする