2018年08月20日

ツマグロキチョウ(2018/8/14広島県北東部)

夏期連休も終わり今日から仕事です。やっと朝晩が涼しくなってきましたが、この夏は本当に暑くてしんどかったですね。

さて、今年も帰省中に広島県北東部のゴマシジミを観察に行ったのですが、今年は1個体も確認できませんでした。短時間の観察ですので、見逃しもあると思いますが、環境変化もあり個体の維持が難しい状況になっている可能性もあります。しばらくはお盆の帰省時に観察に行こうと思います。

ゴマシジミ探索中に観察したチョウです。動物の尿の跡と思われるところに集まって吸水していました。このあたりはツマグロキチョウがまだたくさんいるようです。


s-2018-08-14_10-05-28(1)T.jpg
吸水するツマグロキチョウとキタキチョウ


s-2018-08-14_10-06-26(1).jpg
吸水するツマグロキチョウとキタキチョウ


s-2018-08-14_10-45-14T.jpg
カワラケツメイに産卵するツマグロキチョウ


s-2018-08-14_09-41-58.jpg
ルリシジミとウラギンシジミ、奥のセセリは?


s-2018-08-14_09-42-35(1).jpg
ルリシジミとコムラサキ


今回はゴマシジミを観察できず残念でした。ワレモコウはそれなりにあるのですが、全体的に乾燥化してアリがいなくなっているのかもしれません。来年出会えることを期待しています。




posted by makokuni at 20:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ヒクイナ(2018/8/12琵琶湖南湖東岸)

猛暑が続きますが、シギチの渡りは始まっているようです。
琵琶湖南湖東岸の様子を見に行きました。条件の良い休耕田などの探索が目的でしたが、今年も良さそうな場所は見つかりませんでした。
琵琶湖の水位も高いので琵琶湖岸でもシギチの入りそうな場所は見つかりませんでした。


s-2018-08-12_06-24-37(1)T.jpg
畔で休むキジ


s-2018-08-12_08-01-30(1)T.jpg
ヨシ育成場でコチドリ


田んぼの畔にジシギが入っていないか農道を回りながら確認しましたが、発見できず。
代わりにヒクイナの幼鳥を見つけました。


s-2018-08-12_08-14-54(3)T.jpg
ヒクイナ幼鳥


s-2018-08-12_08-16-34(2)T.jpg
ヒクイナ幼鳥


s-2018-08-12_08-16-27T.jpg
ヒクイナ幼鳥


s-2018-08-12_08-16-51(3)T.jpg
ヒクイナ幼鳥


良い休耕田がないので稲刈り直後の田んぼに期待しましょう。今週末には稲刈りが始まりそうです。





ラベル:ヒクイナ
posted by makokuni at 17:26| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンバイソウ(2018/8/13広島県庄原市)

久しぶりに実家近くのブナ林を歩いてきました。何年ぶりだろう・・・。


s-2018-08-13_11-28-41.jpg
緩やかな稜線にブナが続く山道。カラ類やホトトギス、ウグイスなどの声がしましたが、一番多かったのは残念ながらソウシチョウでした。


目的の植物を探しながら歩くと・・・、ありました。ジンバイソウです。


s-2018-08-13_10-38-30(1).jpg
ジンバイソウ
ブナ林の一角にのみ生育していました。2枚の葉が特徴です。


s-2018-08-13_11-07-04.jpg
ジンバイソウの群落


s-2018-08-13_11-00-02(1).jpg
ジンバイソウの群落


s-2018-08-13_11-05-26.jpg
ジンバイソウのポートレイト


s-2018-08-13_10-43-05.jpg
ジンバイソウ、花のアップ1


s-2018-08-13_10-54-56(1).jpg
ジンバイソウ、花のアップ2


ジンバイソウは8月末ごろに咲くので今回は蕾かもと思っていたのですが、ほぼ満開でした。

それにしても暑かった。結構な量の水分を持ち歩いていたのですが、下山までに飲み干してしまいました。
今年の猛暑は異常です。
ラベル:ジンバイソウ
posted by makokuni at 15:51| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

ナツエビネ(2018/8/5滋賀県湖西北部)

湖西北部の山にナツエビネの開花状況を確認に行きました。
沢山生えている稜線は何か所かあるのですが、ここ最近の酷暑を考えると登るのは気が進みません。
涼しい朝のうちに谷に生育する株を見に行くことにしました。

先ず、最初の谷・・・。
この谷ではカツラの巨木数本にナツエビネが着生しています。

s-2018-08-05_06-50-47.jpg
カツラの木のくぼみに生えるナツエビネ
残念ながら花茎が途中で折れて蕾の状態のままになっていました。このところ気温が高いので花茎が腐ったのでは、と思いましたがそうではない様です。
前日の台風による強風で物理的に折れたものだと結論ずけました。
この谷では他の株も同様な状態できれいに咲いているものはありませんでした。


少し遠いですが別の谷に移動してみました。このでは沢沿いに大きな株があり、咲いていると非常に見ごたえがあります。
現地に到着すると淡青の花が見えました。満開前ですがいい状態で今年も咲いてくれました・

s-2018-08-05_08-56-51(1).jpg
ナツエビネ
5分咲きくらいでしょうか。まだたくさん蕾があります。

以下、同じ株の写真です。沢の流れと撮影できるナツエビネはこの場所しか知りません。


s-2018-08-05_09-01-45(1).jpg
ナツエビネ
広角で沢とともに撮影。


s-2018-08-05_09-07-23(1).jpg
まだ新鮮な状態な花が多いナツエビネ
一番下の花は少し変色が始まっていました。


s-2018-08-05_09-14-40.jpg
ナツエビネの花、アップ


今年もナツエビネを観察でき満足しました。来年は久々に稜線まで上がりたいと思います。それまでに少しダイエットして動きやすい体にしたいと思います。どうなりますか・・・。



ラベル:ナツエビネ
posted by makokuni at 19:34| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

ツリシュスラン

今年の目標であったツリシュスラン、満開の状態で観察できました。


s-2018-07-22_07-06-42.jpg
ミズナラの大木に着生するツリシュスラン(7月末撮影)
垂れ下がった花茎がU字状になり花が咲いています。


s-2018-04-30_08-34-49(1).jpg
4月末に発見した時の同一株
昨年の花穂が枯れ残っていたのでツリシュスランと判りました。


付近の木を探すと数か所でツリシュスランを確認できました。以下7月末の状態です。


s-2018-07-22_11-37-09(1).jpg
トチの大木に着生したツリシュスラン


s-2018-07-22_07-49-08(4).jpg
ミズナラの大木に着生したツリシュスラン


s-2018-07-22_07-48-34(5).jpg
ミズナラの大木に着生したツリシュスラン


s-2018-07-22_07-25-42(1).jpg
トチに着生したツリシュスラン
この株は少し早く咲いたようで下部の花は変色していました。


s-2018-07-22_07-17-16T.jpg
満開のツリシュスラン


s-2018-07-22_07-23-00(2).jpg
満開のツリシュスラン


s-2018-07-22_07-09-53(4)T.jpg
木漏れ日があたると淡いピンク色になりました。細かい毛がびっしりと生えていることが判ります。
小さいながら美しい花で驚きました。


数年前に西中国山地で観察して以来の出会いでした。満開のツリシュスラン、良かったです。




posted by makokuni at 16:18| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

琵琶湖のオオミズナギドリ(2018/7/29)

台風12号、いまだに九州南部を迷走しています。大雨、猛暑、そして迷走台風、どうなっているでしょうか。

台風12号が近畿地方を通過した29日朝に琵琶湖に行ってみました。台風の置き土産で迷行した海鳥が入っていないか確認するためです。
早朝から観察する予定でしたが寝坊して琵琶湖畔に着いたのは7時半。風もすっかり弱くなりかなり落ち着いた状況になっていました。すでに抜けてしまった可能性も高いのですが、湖畔から沖を観察しました。


s-2018-07-29_08-15-09.jpg
琵琶湖南湖東岸から北西を望む。中央奥が琵琶湖大橋です。


西側の沖を探すと遠くを直線的に飛ぶトウゾクカモメ類を1羽確認しました。ただし遠すぎる。
しばらく探すと湖面を群れで移動する海鳥を発見、オオミズナギドリでした。

s-2018-07-29_08-00-05(1)T.jpg
琵琶湖のオオミズナギドリ
12羽を確認しましたが、もう少しいたように思います。


s-2018-07-29_08-01-03T.jpg
琵琶湖のオオミズナギドリ
時々群れ全体が湖面に降りていました。
渡りの時期に滋賀県内でオオミズナギドリを観察したことはあるのですが、琵琶湖でオオミズナギドリの写真を撮影したのは初めてでした。


s-2018-07-29_09-04-41.jpg
南湖から少し北上してみました。


s-2018-07-29_08-55-15.jpg
エリにユリカモメ夏羽が沢山とまっていました。そのなかにアジサシも数羽入っていました。ウミネコも観察できました。
このあたりは台風の置き土産と言うより、渡りのはしりではないでしょうか。


早朝から観察された方からの情報ではトウゾクカモメ類や各種アジサシやミズナギドリ類が観察されたようです。やはり、少し厳しい条件の時から観察することは必要と思いました。
またのチャンスを狙いますが、やはり安全第一に行動することになりそうです。



posted by makokuni at 20:27| Comment(0) | 鳥見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

ヒサマツミドリシジミ♀(2018/7/22 京都府)

先日思いがけずヒサマツミドリシジミの♀を観察できました。今年の目標の一つだったのですが、予想もしていなかった出会いで驚きました。


s-2018-07-22_11-27-44.jpg
福井県境に近いブナ、ミズナラ、サワグルミ、トチなどの巨木が生えた緩やかな谷です。夏の光が木々の隙間から沢筋に射しこんでいました。先を歩いていたメンバーの呼び声が・・・。視線の先を見ると、


s-2018-07-22_08-58-19(1).jpg
沢沿いにある石の上でゼフィルスの♀が開翅していました。


s-2018-07-22_08-58-27T.jpg
明るいブルーのB斑、非常に長い尾状突起。最初はアイノミドリシジミの♀かと思ったのですが・・・。


s-2018-07-22_08-58-19(1)TT.jpg
翅裏を確認したかったのですが、撮影できませんでした。


s-2018-07-22_08-58-43(1)T.jpg
夏の日射しをうけて体を温めているようです。翅縁の白い部分がきれいに残っています。翅表にもほとんど傷がなく、新鮮な状態です。


s-2018-07-22_08-59-30T.jpg
この後、上空に飛び立ってしまいました。

同行のメンバーが何とか翅裏を撮影していました。はっきりしたV字のラインが確認できました。やはりヒサマツミドリシジミでした。
この谷の付近ではウラジロガシやイチイガシを見た記憶がありません。もっと下の谷からやって来たのでしょうか。少なくともこの場所で羽化したとは思えません。

ヒサマツミドリシジミの♀が谷に吸水に降りるのは知っていましたが、この時期にこの場所で出会えるとは・・・。良かった。



posted by makokuni at 20:46| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

渓流で涼む(2) ヒメサナエ(2018/7/21滋賀県北部)

さて渓流で涼みながら小型のサナエトンボを探しました。
この時期はヒメサナエやオジロサナエが観察できるのですが、この場所ではヒメサナエしか観察できませんでした。

まだ個体数は少な目でした。これから増えるのでしょうか。

以下、ヒメサナエの写真です。

s-2018-07-21_15-31-17.jpg
ヒメサナエ
渓流の瀬に顔を出している石の上に止まっています。


s-2018-07-21_15-31-54T.jpg
ヒメサナエ
上とそう一個体。気温が高いので腹部を高く上げる体勢を取っています。


s-2018-07-21_15-32-36.jpg
ヒメサナエ


s-2018-07-21_15-27-59.jpg
ヒメサナエ


s-2018-07-21_15-20-36.jpg
ヒメサナエ


夕方5時まで観察しました。渓流は涼しくて気持ち良かったです。



ラベル:ヒメサナエ
posted by makokuni at 21:01| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

渓流で涼む(1) カジカガエル(2018/7/21滋賀県北部)

連日猛暑が続きますね。土曜日(7/21)は夏のトンボ観察目的でため池や琵琶湖岸に行ったのですが、あまりの暑さに途中でギブアップ。山間の渓流に涼みに行きました。
渓流に足を入れるとさすがに涼しい。渓流用の履物を用意していなかったので素足で歩きましたが、良い足つぼマッサージになりました。

渓流で観察したカジカガエルです。


s-2018-07-21_15-54-53.jpg
カジカガエル
広角で渓流環境を意識して撮影してみました。


s-2018-07-21_15-45-26(1).jpg
カジカガエル
上と同一個体。中望遠レンズではこんな感じです。


s-2018-07-21_16-07-36.jpg
カジカガエル
別個体です。体色がかなり違うのが面白いですね。


s-2018-07-21_16-02-49(1).jpg
カジカガエル
上と同一個体。角度を変えて撮影するとこんな感じです。かなり扁平な体型をしています。


同じ場所でヒメサナエも観察しました。次回はそちらを紹介します。





続きを読む
ラベル:カジカガエル
posted by makokuni at 20:37| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

マヤラン(2018/7/16 兵庫県)

3連休から猛暑続きですね。あまりに暑いので山に行く気になれず、早朝ドライブでマヤランを見に行きました。
マヤランはベニタケなどのキノコと共生するランの仲間です。共生することで光合成をする必要がありません。

薄暗い林床にマヤランの花茎が伸びていました。


s-2018-07-16_08-00-30.jpg
林床に生えるマヤラン
複数の花茎が伸びていましたが、蕾が多く花は咲き始めの様でした。


s-2018-07-16_08-03-37.jpg
マヤラン1


s-2018-07-16_08-05-59.jpg
マヤラン2


s-2018-07-16_07-19-01T.jpg
マヤラン3


s-2018-07-16_07-18-32T.jpg
マヤラン2
レンズを変えて撮影


s-2018-07-16_07-18-12(1)T.jpg
マヤラン1
レンズを変えて撮影


一週間後の方が沢山咲いていたかもしれませんが、昨年よりたくさんのマヤランを確認でき満足して帰途につきました。
途中寄り道することも考えましたが、あまりの暑さでまっすぐ帰宅しました。お昼前には帰宅して、午後はのんびり過ごしました。






ラベル:マヤラン
posted by makokuni at 22:32| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする