2017年08月19日

ゴマシジミ(2017-8-13 広島県)

今年も帰省にあわせてゴマシジミを探しに行きました。
前日は西中国山地の草原の山に行きましたが天気が今一つのためか観察できませんでした。そこで翌日、実家に近い場所に行ってみました。

草地で探しましたが見つからず、少し広範囲に探して何とか1個体観察できました。
以下、すべて同一個体です。


s-2017-08-13_11-22-33(1).jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ
今回、いろいろな花で吸蜜する場面を撮影できました。


s-2017-08-13_11-41-01(1).jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(1)
産卵しているような行動を良くしますが、卵を確認できません。


s-2017-08-13_11-55-56T.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(1)


s-2017-08-13_12-03-42.jpg
ワレモコウに止まるゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_12-04-33.jpg
ワレモコウで半開翅するゴマシジミ(2)


s-2017-08-13_11-22-11.jpg
ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-02-30(1)T.jpg
ウツボグサで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_12-05-43(1)T.jpg
アキノタムラソウで吸蜜するゴマシジミ


s-2017-08-13_11-18-13.jpg
最後にもう一度、ノアザミで吸蜜するゴマシジミ


いろいろな花で吸蜜するゴマシジミを観察できたのは嬉しかったのですが、なんせ個体数が少ない。この場所も草原的環境からヤブに年々変遷しており、ゴマシジミの好む環境は少なくなっているように思います。




posted by makokuni at 20:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ゴイシシジミ(2017-8-12 西中国山地)

キレンゲショウマの咲く谷から出て、笹の続く道を歩いていると、チラチラと飛ぶシジミチョウがたくさんいました。
ゴイシシジミです。

ゴイシシジミの幼虫はササにつくアブラムシを食べて成長します。滋賀ではシカの食害でササがほとんどなくなり、このチョウと出会うことが稀になりました。西中国山地はクマが隠れているのではと思うほどの笹薮が続いています。

この場所では視野に10個体以上のゴイシシジミが入ってくるほど個体数が多かったです。こんなに多くのゴイシシジミを一度に見たのは初めてでした。


s-2017-08-12_09-19-29.jpg
ゴイシシジミ
雨の中、カメラを出すのが億劫になり、ポケットにつっこんでいたスマホ(防水)で撮影してみました。そこそこ撮れていました。


s-2017-08-12_08-59-26.jpg
ゴイシシジミ
白地に黒い斑とシンプルな色合ですが、触角の色や足先の黒もありおしゃれなチョウだと思います。




posted by makokuni at 20:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キレンゲショウマ(2017-8-12 西中国山地)

夏休み二日目、西中国山地の山に登りました。北から湿った空気が入り、降ったり止んだりの不安定な天気でした。
足場の悪い斜面を下って、本日の目的のひとつキレンゲショウマを観察しました。


s-2017-08-12_08-16-32.jpg
霧雨に霞む谷に咲くキレンゲショウマ


s-2017-08-12_08-17-12.jpg
キレンゲショウマの群生する斜面


s-2017-08-12_08-13-50(1).jpg
群生するキレンゲショウマ
暗い谷に鮮やかな黄色の花が浮かび上がっていました。


s-2017-08-12_08-15-42(1).jpg
キレンゲショウマの花は一斉に咲くのではなく、一つの花茎に咲いたもの、終わったもの、蕾が付いています。


s-2017-08-12_08-14-20.jpg
キレンゲショウマの群生
条件が悪くて良い感じの写真が撮れませんでした。残念。


s-2017-08-12_08-15-10(1).jpg
雨ですがハチが吸蜜していました。


以下、一番近くに咲いていたキレンゲショウマを撮影したものです。


s-2017-08-12_08-26-29.jpg



s-2017-08-12_08-26-27.jpg



s-2017-08-12_08-23-23.jpg



早朝6時から山に入り、7時30分に山頂到着。谷に降りてキレンゲショウマを観察して、登山口に戻ってきたのは10時30分でした。
posted by makokuni at 14:53| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グンバイトンボ(2017-8-11 山口市)

夏休み初日、山口の渓谷を歩いてみました。
暑い晴天を期待していたのですが、霧雨のち曇りで気温も30℃にとどきませんでした。前回訪問時も雨でこの場所とは相性が悪いようです。


s-2017-08-11_10-28-57.jpg
渓谷沿いに遊歩道が続いています。


s-2017-08-11_11-21-30.jpg
崖にはセッコクが着生していました。


s-2017-08-11_08-32-03.jpg
コクランはすでに花が終わり、実になっています。


s-2017-08-11_08-43-36.jpg
ミヤマウズラはまだ蕾でした。
ほかにヒナランも確認しましたが、花は当然終わっていました。


s-2017-08-11_12-35-25.jpg
道沿いにはオオハンゲがたくさん咲いていました。


目的の蝶を探しながら歩きますが、やはり姿がありませんでした。残念。


s-2017-08-11_09-52-05.jpg
クロコノマチョウ
もともと南方系のチョウですが、最近は北上していて滋賀県でも観察されているようです。


s-2017-08-11_12-18-41(1)T.jpg
ムラサキシジミ
ドキッとしましたがムラサキシジミでした。ルーミスとは相性悪いです。


渓谷の岩場にできた大きな水たまりで独特の飛び方をするトンボを発見。まだグンバイトンボがいました。


s-2017-08-11_12-18-40(1)T.jpg
グンバイトンボ
腹部をあげる行動を何回も繰り返していました。


s-2017-08-11_12-18-28T.jpg
グンバイトンボ


目的のルーミスシジミを今回も観察できませんでした。冬に和歌山に行ってみようと思います。



posted by makokuni at 11:31| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

メガネサナエ(2017-8-5 高島市)

ナツエビネとヒメサナエを観察した谷から琵琶湖岸に移動してみました。この日は少し天気が悪かったためか思ったより人が少なく気楽にトンボ探索ができました。


s-2017-08-05_10-46-17(1).jpg
浜で休むメガネサナエ♂
近くに他の個体が来ると飛び立って追い立てていました。


s-2017-08-05_10-30-41T.jpg
浜を飛翔するメガネサナエ♂
♀を探して飛んでいるようです。


s-2017-08-05_10-32-48T.jpg
メガネサナエ♂


s-2017-08-05_10-58-19(1).jpg
メガネサナエ♀
この後、♂に見つかって押さえつけられ連結して飛び去りました。


この日は残念ながらオオサカサナエは観察できませんでした。



posted by makokuni at 20:17| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ヒメサナエ(2017-8-5 高島市)

三重県境は雨が降りそうなので逆方向の谷に行ってみました。目的はナツエビネの状況確認です。
昨年は8月第一週で満開でしたが、今年はどうでしょうか?

林道を歩いて現地の谷に到着、さっそくナツエビネを確認すると・・・
花茎は伸びていましたが花はまだでした。今年は春から花の時期が遅れていますが、この時期になってもまだ影響が残ってるようです。


s-2017-08-05_07-39-08.jpg
ナツエビネ
渓流沿いに生育しているナツエビネです。お盆くらいには咲いているのではないでしょうか。


ナツエビネを確認した後は、川でトンボを観察しました。個体数は少なめでしたがヒメサナエを観察できました。この場所は安曇川の上流になります。
浅い瀬に出た石の上に止まっていますが、小さいのでなかなか目に入りません。同じ環境にオジロサナエもいるはずなのですが、この付近ではヒメサナエばかりでした。オジロサナエの方が普通に観察できる種だと思うのですが、湖西ではヒメサナエの方が多い様です。


s-2017-08-05_07-54-38T.jpg
ヒメサナエ


s-2017-08-05_07-58-48(1)T.jpg
ヒメサナエ


s-2017-08-05_08-23-03(1).jpg
ヒメサナエ
朝早くのためか結構敏感でなかなか近づけず、写真撮影が難しかったです。




posted by makokuni at 13:27| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

イワタバコ(2017-7-30 東近江市)

7月最後の日曜日、三重県境に近い谷に行ってみました。
小雨後曇りの天候で、目的のチョウは一回飛ぶのを見ただけでした。


s-2017-07-30_08-57-11(1).jpg
キリシマミドリシジミの生息する谷


谷筋にはイワタバコが咲いていました。

s-2017-07-30_10-56-41.jpg
イワタバコ


この日は林道を歩いただけでしたが、両足一か所ずつヒルに噛まれてしまいました。恐るべし鈴鹿山系。



posted by makokuni at 20:37| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

クロシジミ(2017-7-22 大津市)

兵庫から大津に帰ってきました。
猛暑でうんざりですがまだ陽が高いので先週観察できなかったクロシジミを探しに行ってみました。

なんとか1個体を確認しましたが、かなり翅がすれています。すでに羽化してかなり時間がたっている感じです。先週観察できなかった時は遅れているのかと思いましたが、そうでもない様です。個体数が少ないのかもしれません。


s-2017-07-22_13-44-03T.jpg
クロシジミ
以下すべて同一個体です。草地でススキの穂に止まるクロシジミ。


s-2017-07-22_13-45-59(1)T.jpg
クロシジミ
ススキの葉に止まる。


s-2017-07-22_13-53-56(1).jpg
クロシジミ
サクラの葉にとまる。例年この木に複数個体観察できるのですが今回はこの個体だけでした。



posted by makokuni at 13:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フウラン(2017-7-22 市川町)

マヤランを観察した後、市川町のフウランを見に行きました。
神社の大きなクスノキに着生しています。盗難防止のためか幹に金属製の大きなネズミ返しが設置してありました。


s-2017-07-22_10-40-00(1).jpg
フウラン
花はほぼ終わり、大半は茶色に変色していました。


s-2017-07-22_10-46-11.jpg
フウラン
いつか手に取れる距離で自生する株を見つけたいものです。



posted by makokuni at 11:29| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マヤラン(2017-7-22 兵庫県)

以前から観察したかったマヤランを見に行きました。


s-2017-07-22_08-27-11.jpg
マヤランの自生する林
「こんな場所に?」と思うほどありふれた環境に感じました。ランは何らかの菌類と共生していると思いますので、この場所はマヤランと共生する菌類があるのでしょう。
今回はこの場所に1株のみ確認できました。

マヤラン、初めて観察したのですが思っていた以上に美しい花でした。


s-2017-07-22_08-16-45.jpg
マヤラン


s-2017-07-22_08-31-54.jpg
マヤラン


s-2017-07-22_08-29-46(1).jpg
マヤラン


s-2017-07-22_08-29-23.jpg
マヤラン


s-2017-07-22_08-04-52(1).jpg
マヤラン




posted by makokuni at 10:25| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする